バイオマス燃料/ペレタイザー(造粒機)の利活用を追求しているシー・エス・エス
半自動チップ乾燥機及びチップ&ペレット使用のガス発生装置の用途開発を提案します。
【TOP】 【バイオマス燃料焚き燃焼装置】 【小型自動チップ乾燥機】  【ペレタイザー(造粒機)・粉砕機】  【チップ・ペレットガス発生機】
【定量供給機システム】 【貯留タンクシステム】 【籾殻固形燃料製造機】 【人力発電装置システム】 【スターリングエンジン発電】
【汚泥減量化システム】 【ボイラー・ペレタイザー他事例】 【汚泥減量事例】 【会社概要】 【アクセス】
人力発電装置システム                                      最新更新 平成24年4月8日
エアロバイクによる人力発電システムの活用

災害時の緊急電源確保用に!
 
避難所・仮設住宅の集会所・地区の公民館等
 への設置に最適です。


リハビリと有酸素運動で健康増進に!
 リハビリセンター・フィットネスクラブ・デイケアー
 センターなどの設置が最適です。
                                                                                  
エアロバイク発電システム系統図
 

1. 現在のコードレスバイクでは、発電した電気はテレビや音響機器などの外部機器には出力出来ませんが、提案の人力発電バイクは電力変換機及び非常電源UPSを備えることで、バッテリーに蓄電された電気を広範囲に利用できます。
2. 外部電源は不要ですから、配線工事が要らないので、配置換えや移動が容易です。
3. 家電製品、携帯電話の充電用、部屋の照明用など蓄電した電力が広範に使用できます。
4. 副次的サービスとして、ポイントカードリーダーの活用ができます。
(ポイントを付与して、成績表示とか、商品交換など、運動のやる気を起こす為の施策が可能)
5. バッテリーの台数を多くすると、外部蓄電設備と接続することで、安全な非常用電源として利用も可能です。
6. 人力発電した電力(40~100wh)を,充電・放電と有効利用することで、節電になりますのでCO2削減に繋がります。
7. 発電機を電動機として利用することで、リハビリ機器としての利用が可能です。

 

高効率電力変換機システムにより用途拡大
(用途拡大システム例)


主な特徴】
1. 発電効率を高めるため、発電機コントローラーの発電パルスを制御するため発電機コントローラーへ出力する、ペタル位置センサーを取付けています。
2. 人力で発電するとき、増強発電量と通常発電量を切り替えるタイミングを設定するため、発電パルスを発生するタイマー備えています。
3. セットバッテリーには、充電器を介して家庭用電源(商用電源)からも充電が可能です。
4. 発電機コントローラーは、蓄電池の充電・放電を制御するとともに、ペタルの発電機を切り替えて電動駆動にすることで、リハビリ機器として使用もできます。
5. 電動駆動時に、電動駆動方向と反対方向へペタルの操作をすることで、蓄電池に回生電力を充電することができます。
6. 発電機に二重層キャパシターを備えて(オプション)、全ての電力量を効率よく充電します。
7. 発電作用で給電により、ディスプレイに蓄電量(発電量調整YR付き)を表示します。
8.
内蔵の電力計にポイントカードリーダーを取付けることで、発電量に応じたポイントを付与することが出来ます。
9. 高効率の電力変換機を介して、風力発電や太陽光発電、バイオマス発電、小水力発電の電力を充電することが出来ます。
10. 発電機は、発電機駆動部を交換可能とした、フライホイール付きインホイールタイプの発電機です。
11. 発電の目安は1時間こぐことで40~100whです。(従来の市販品は10~20wh)

     
    

 
有酸素運動と節電の勧め
 
エアロバイクの人力発電システムで有酸素運動して、
節電しながら健康増進を図ります。


バイク運動の効果
  1.持久力がつきます。
  2.血圧が安定します。
  3.糖尿病の予防になります。
  4.動脈硬化の予防になります。
  5.電力を蓄電して使用するので節電に繋がります。
  6.室内で出来ます。

用 途 事 例



 

【TOP】 【バイオマス燃料焚き燃焼装置】 【小型自動チップ乾燥機】  【ペレタイザー(造粒機)・粉砕機】  【チップ・ペレットガス発生機】
【定量供給機システム】 【貯留タンクシステム】 【籾殻固形燃料製造機】 【人力発電装置システム】 【スターリングエンジン発電】
【汚泥減量化システム】 【ボイラー・ペレタイザー他事例】 【汚泥減量事例】 【会社概要】 【アクセス】

Copyright(C) 2003 CSS All Right Reserved