バイオマス燃料/ペレタイザー(造粒機)の利活用を追求しているシー・エス・エス
半自動チップ乾燥機及びチップ&ペレット使用のガス発生装置の用途開発を提案します。
【TOP】 【バイオマス燃料焚き燃焼装置】 【小型自動チップ乾燥機】  【ペレタイザー(造粒機)・粉砕機】  【チップ・ペレットガス発生機】
【定量供給機システム】 【貯留タンクシステム】 【籾殻固形燃料製造機】 【人力発電装置システム】 【スターリングエンジン発電】
【汚泥減量化システム】 【ボイラー・ペレタイザー他事例】 【汚泥減量事例】 【会社概要】 【アクセス】
ペレタイザー(造粒機)・粉砕機                          最新更新平成25年4月23日
バイオマス燃料でも木質ペレットは特に、含水率が一定で燃焼カロリーが安定しているので、温度管理などが必要な機器において利用しやすい面があります。
林地残材など廃棄バイオマスを主原料としているため、移動コストが少ないことがペレット生産価格を下げるとともに、地元の材料をペレットにする安心感も得られます。
小規模ペレタイザーでも、充分「地産地消」には役に立ちます。
ペレットは地元の材料で作り、地元で使用することが、運送コスト面からも有利です。

ACS-P1020

 特 徴 

1.小型でコンパクトシステムです。

2.「地産地消」のお手伝いを致します。

3.最大の特徴は省電力でありながら

  最高の成型能力を発揮します。

4.超お手ごろ価格にて提供しています。

5.定量供給機がセットになっています。

6.軽量なので持ち運びに便利です。 
事前にサンプルの成型テストをお勧めします。




粉砕機一体型ペレタイザー  
ACS-S30 型・ACS-S40 型・ACS-S50 型
バイオマス資源の有効活用のお手伝いをします
特 徴
コンパクトに纏めた、粉砕機一体型システムで製造能力がアップ!
集中制御盤で操作を集約して人手の削減を!
原料のブレンドが容易に出来るので、水分調整がしやすい!
加水装置も標準装備している!
粉砕時のエアーを回収して、再利用することで粉砕機の効率アップ!
成型時の発生蒸気を再利用して、成型能力が大幅に改善している!
砕時に温度の上がった原料は造粒が容易で生産能力UP!
下記の燃料化に最適な造粒機です。
・林地残材 
・製材廃材 
・建築端材
・木工廃材 
・剪定小枝 
・廃菌床
・廃棄紙類 
・農業非食品部分 
・葦類
・家畜乾燥糞類 
・竹類  
※チップの大きさは、粉砕機のスクリーンが5mm~8mmアンダーを選択出来ます。

造粒の流れシステム図


点線内システムが一式です


粉砕機一体型ペレタイザーの大きなメリット
1. 粉砕時に温度上昇したチップが、そのまま定量供給機を通して造粒機に入り、造粒能力を向上させていること。
2. 造粒時に発生する蒸気を利用して造粒能力を向上させていること。
3. 粉砕時に発生するエアーを、再利用する配管システムにすることで、粉砕機処理能力が大幅にアップしていること。
4. 総合制御機能で作業人員が少なくて済む
5. ペレット原料のブレンドが容易に出来る。

ペレットの用途
1. ハイブリット燃焼機器
2. ペレットのガス化利用
3. ペレットの肥料利用
4. ペレットの家畜敷き料利用


※※※※※   地産地消のすすめ   ※※※※※
地元で発生する廃棄物であるバイオマス資源は、地元で燃料に加工して、地元の燃焼機器用に使用することが、燃料コスト面でメリットがあります。



【TOP】 【バイオマス燃料焚き燃焼装置】 【小型自動チップ乾燥機】  【ペレタイザー(造粒機)・粉砕機】  【チップ・ペレットガス発生機】
【定量供給機システム】 【貯留タンクシステム】 【籾殻固形燃料製造機】 【人力発電装置システム】 【スターリングエンジン発電】
【汚泥減量化システム】 【ボイラー・ペレタイザー他事例】 【汚泥減量事例】 【会社概要】 【アクセス】

Copyright(C) 2003 CSS All Right Reserved